農耕的投機生活

当初はお小遣い稼ぎで投資的なことをしていたときに、少し思いついたことがあったので実験的な投機を行っています。

種(注文)のまきどころ 農耕的ドル円の適当分析

さて、農耕的なのんびり投機ですが、現在の相場と照らし合わせて、どのへんに種(注文、オーダー)をまいていけば良いでしょうか。

まずはドル円日足です。

f:id:chouchin_anko:20170806105328p:plain

きれいに波打ってますが、深いことは考えずこれだけを見ます。

約半年のスパンですが、これだけで判断すれば、今は「安い」と観ることは出来ます。

つまり「買い」という種をまけばいいという感じです。

実際はもう少し値動きが上向いて、上昇に自信が出てきたら「買い」としてもいいと思います。

さて、もしこの「買い」判断が失敗して、値動きが下に抜けたらどうでしょうか。

つまりどこまで下がるかのポテンシャルを見てみます。

 

約1年分の週足です。

f:id:chouchin_anko:20170806105943p:plain

下に抜けたらストンと落ちそうです。(床が底抜けした感じ)

実際は半値とかが意識されて、いったん中間でもみ合うかもしれませんが、2016年末の上昇がこれだけあるだけに、底抜けしたときを意識してしまいますね。

下がりだすと「怖い」感じがしますね。

これまた我ながらおそろしいほど適当な分析ですね。

 

では、この図はどうでしょうか。

f:id:chouchin_anko:20170806111104j:plain

さっきの図に青線一本足しただけです。

これだけでこのチャートの見方が変わってしまいます。

じゃあ、2016年末は何があったでしょうか。

そうです。トランプ政権発足です。

一つの見方として「イレギュラー状態」にあったんじゃないか、とも見れます。

農耕的に見れば台風でもあったと捉えれば考えはラクになりそうです。

複雑な理由はあるでしょうが、そのへんは「適当」に分析します。

 

さて、いろいろ「適当」に分析しました。

最前線の金融アナリストの方々からは見向きもされないゴミのような分析です。

 

でも「農耕的」な投機を実験してる上で、コレぐらい「適当」な分析で良いんじゃないでしょうか?という提案です。

小刻みなニュース速報や、チャートの分足に振り回されて精神的にカリカリするよりも、あえてこれぐらい適当な分析をすることで、「読み」が外れたときも、

 

「あの瞬間のあの読みが間違っていたんだ!10分前の俺のアホ〜!」

「でも、すぐに巻き返すぞ〜!」(カチカチカチカチ・・・!)

 

なんてことにならずに済むと思います。

 

超少額取引におさえて、

 

「まあ、いずれ芽がでるか〜」

 

としておけばいいと思います。

 

「農耕的に」、暖かくなってきたから種をまく(発注)。

実ったら今日食べる分だけ収穫(決済)。

 

それでいいんじゃないでしょうか。

 

リターンは少ないです。「狩猟的に」高カロリーなお肉(高額な利益)を得ることは難しいし、そもそも出来ないと思います。

ですが、1円でも利益は利益です。

 

そんな感じで「農耕的に」取引できればと思います。

 

そして結論です。

今が買いか否かですが・・・・!

 

「もう少し様子見」

 

です。笑

 

もう少し暖かくなれば(上昇が始まれば)、「買い」の種をまき始めます。

まあ、それは手持ち無沙汰なので、まだ気温は低いかもしれませんが、とりあえず少しだけ種をまいてみましょう。

芽が出なくても、まあ来シーズン生えてくるかもしれないし〜ぐらいの「適当さ」で行きましょう。